最新NEWS

子供の吃音の症状

子供に共感してあげることが大切

子供の吃音は2〜3歳頃から出始め、
特にこの頃は言葉が発達してくることから、

しゃべることに関心が 強く、
伝えたいことがたくさんあるの で、
おしゃべりが増えるの です。


しかし、子供なので、
上手におしゃべりはできません。


そのため、どもったり、
言葉を伸 ばしたり、繰り返す話し方になるのです。


そのことで親が怒ると、
子供にストレスがかかって、
吃音が長引く恐れがあるの で、

たとえ子供が吃音になっても、
子 供が伝えようとしている気持ちを受け止めることです。


吃音は言葉の発達が著しい幼児 期に
集中して起こるの が一般的です。


幼児期は、吃音に似たような、
話し 方をする子供は多く、
それが1つの特徴とも言えます。


そうしたことから、
自分の子供の話し方を聞いて、
うちの子は吃音かと疑う親も少なくないのです。


しか し、大切なことは話し方に注目した、
吃音を否定しないことなのです。


それよりも、子 供が話す内容を
しっ かり受け止めて聞いてあげる方が大事で、
子 供に共 感してあげることが大切なのです。


吃音は、
心理面や身体面、コミュニケーション能力にも
障害を及ぼす恐れがあるので、

親は神経質にならずに、
子供に楽しく おしゃべりさせてあげることが重要なのです。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」