最新NEWS

吃音の電話での悩み

電話に対する苦手意識を変えている

吃音者の多くが苦痛を感じるのは
電話対応だそうです。


電話を掛けようか
電話を取ろうか
吃っ たらどうしようかと悩んでしまい
返っ て失敗をしてしまう。


呼び出してもらう相手の名前や
自分の名前や会社名を
なかなか言えずに苦労してしまう。


どもることが不安で
声が小さくなってしまうため
何度も聞き返されてパニックになり
どもってしまう。


対面での会話は問題ないのに
電話だけはどもってしまうという人もいます。


これは
電話では相手の雰囲気や表情がわからず
しっかり話さなければいけない という
プレッシャーを感じてしまうの が原因だと思われます。


しかし
社会生活を送る上で
電話を使うことは避けて通れない道ですので
吃音者の多くは色 々な工夫をして
電 話に対する苦手意識を変えているようです。


例えば
言い換えの聞く内容なら
話しやすい言葉に言い換える。
話し始めるときに「えー」などの
話しやすい言葉を使うといった ことです。


また
言い換えの聞かない言葉や
電話番号などは
あらかじめ紙に書いておき
話すのではなく文字を読むよう にする
どもりにくいという人もいます。


吃音の電話での悩みを抱えている人は
電 話対応のコツをうまく使えば
電 話に対する苦手意識と苦痛を
和 らげられるかもしれません。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」