最新NEWS

吃音の治し方

さまざまな角度で
治療することが望ましい


吃音治し方としては、専門医やクリニックなどで
心療医学的なアプローチをする ことが第一です。


過去日本では、吃音は精神的な緊張、不安などの
心因性のものと理解されていたため、
吃音治療は心理療法がより重視されていました。


どもらないようにしようと意識することで、
余計に緊張感が増し、どもりやすい状況に
陥ってしまうという悪循環を生んでしまうため

心理療法では、心理的なストレ スを緩和させることで、
緊張や不安からくるどもりの症状を軽減させる治療を行います。


また、聴覚療法によるアプロー チもあります。


聴覚療法とはどもりの原因が、
聴覚の異常からきているという考えに基づく手法で、

伝導音にあわせた話し方を
空気伝導音にあわせた話し方に矯正する
訓練装置を使って治療し ます。


また、より一般的な言語療法では
言語聴覚士によって行われ、
ゆっくり音を伸ばしながら話す 訓練や、
呼吸法な どが行われます。


他にも吃音の治し方として、
催眠療法等、系統的脱感作療法的訓練、
薬物療法、認知行動療法、行動療法、
バルサルバ反射抑制法などいろいろあります。


吃音になる原因が精神面および肉体面のいずれか、
あるいは両者が影響し合っていることが多いため
さ まざまな角度で治療することが望ましいようです。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」