最新NEWS

吃音の治療法

習った事を自宅で実践することも可能

そもそも吃音とは言葉がうまく出てこなかったり
喋るときについどもってしまうことを指し、
これは吃音症という疾病に分類されています。


人前にでた途端話すのをとまどい
無理やりに喋ればあわてたような話し方になって
流暢な会話ができない。


注文をレストランで頼む時に思わず
「あああ、あの」と言ってしまったりと、
緊張しているように見えますが

一般的にこれは緊張しているからどもるのではなく
どもる事を恐れて緊張してしま う事が多いと言われています。


じゃあその治療法はあるのでしょうか?


一般的には言語聴覚士(ST)のいつ耳鼻咽喉科、
もしくは吃音に対する知識のある
心療内科で治療を受けられるそうです。


主な治療法は
言語療法、呼吸法と言われるものがあり、
投薬は重度でなければ受ける必要はないので
習っ た事を自宅で実践することも可能だそうです。


ただし、なおそう!なおさなきゃ!
と思えば思うほどに緊張し吃音が増すケースもあります。


リ ラックスした日常生活をおくり、
吃 音とゆっくり向きあいながら治療できるのが一番ですね。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」