最新NEWS

吃音の薬

効果と副作用を
医師と良く相談しましょう


現在、吃音そのものを直接治療 できる薬は
まだ開発されていないよ うですが、

心理的な要因で症状が
引き起こされていると考えられる場合には、
薬 を使用して精 神の安定を図ったり、
不 安を低減する治療法が採られています。


治療薬としては、
うつ症状に効果のある薬(抗うつ剤および抗不安薬)と
重複するものが多いです。


主な薬として、
ジプレキサ、ルボックス、レキソタン、アモキサン、
セバゾン、プロメール、メイラックスなどがあります。


これらの薬はいずれも、
医師の処方に基づいて入手することになります。


抗うつ剤や抗不安薬は、
脳に直接働きかけて、緊張をほぐしたり、
リラックス効果を高めるなどの 効果を期待できますが、

副作用としては喉の渇きや、吐き気な ど
が比較的高い確率で現れます。


レキソタンやセバゾンなどは
精神を安定させる効果が強く、
睡眠導入剤として処方されることもあるので、
自動車の運転前は控えましょ う。


ルボックスは、脳内物質を調整することによって、
不安な気持ちを取除き、
精神を安定させる効果が ある抗うつ剤です。


薬による治療を行う時には、
その効 果と副作用を医師と良く相談しましょう。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」