最新NEWS

吃音を改善

発語フォームを育てる

吃音を改善するには、
まず吃音の原因から知ることで 吃音を改善します。


吃音の最大の原因は
言 葉を発する前の力み(りきみ)、
発 語する器官が緊張・萎縮してしまうこと、
発 語する器官の緊張に合った
発 する言葉の形をを作ることができないということです。


吃音を改善するには、
言葉を発する前の力みをある程度なくして
発語する機関が緊張・萎縮しないように心がけ、
早口でしゃべらずに発語する器官の
緊張にあった発する言葉の形を作ることです。


このほかにも吃音を改善する方法があり、
その方法とは発語フォームを育 てることです。


発語フォームとは、
自然な息継ぎや言葉を部分的に伸ばすこと
をしてみたり、言葉の母音をつなげる
といったことをしてみると吃音が改善されるかもしれません。


それから吃音に対しての
意識を否定してしまわないことと、
どもらないように言葉を発するには
どうしたらよいかということばかりを考えないこと、
自分の中での安定した発語する 感覚を育てていくことです。


これをしっかりと意識していれば、
徐々に吃音を改善することが可能かもしれません。


吃音に悩まれている方は
一度試しにやってみてはいかがでしょうか。

▲このページの先頭へ


今更聞けないIT用語「スマートフォンってなに?」